防風通聖散を詳しく知りたい!

防風通聖散に配合されている成分(生薬)の効果を解説

 

テレビコマーシャルでも見かけることが多くなってきた、防風通聖散という漢方薬。

 

防風通聖散には、お腹の脂肪を燃焼させる力を高めることで、肥満症の改善が期待できます。

 

防風通聖散という漢方薬には、18種類の生薬が配合されています。

 

18種類の生薬が、どのような作用を持つものなのか解説します。

 

防風通聖散の成分を解説

 

防風通聖散が何故医薬品として認められるほどの効果を発揮するのかというと、生薬の力によるものです。

 

ですからここでは、それぞれの生薬の名称と効果について、解説させて頂きます。

 

1.防風(ボウフウ)

 

セリ科の植物ボウフウの根の部分を使います。

 

体を温める作用があり、自律神経の交感神経に作用し、血管を拡張させて血液の巡りを促進します。

 

2.黄ごん(オウゴン)

 

シソ科コガネバナの根を乾燥させたもの、もしくは同じ成分を持つシソ科の植物を使います。

 

黄ごんは、体の熱を排出する作用があり、炎症を抑えたり、鎮静作用があります。

 

利尿作用やお通じを促進するので、老廃物の排出を助けます。

 

3.大黄(ダイオウ)

 

タデ科ダイオウの根茎を乾燥させたものです。

 

東洋では、広く便秘解消の生薬として使われてきました。

 

大腸の運動を助けることで、慢性的な便秘の解消に効果を発揮します。

 

軽い利尿作用もあります。

 

4.芒硝(ボウショウ)

 

原料は天然酸結晶硫酸ナトリウムです。

 

消化を助けて、お腹の張りを解消する作用があります。

 

大黄と一緒に使用することで、便秘や利尿の作用を高めます。

 

5.麻黄(マオウ)

 

マオウ科マオウの茎の部分です。

 

麻黄は、喘息や咳止めの時に処方されるエフェドリンという成分の原料になるものです。

 

古くから頭痛薬やかぜ薬などにも使用されてきたもので、体を温めて発汗を促進します。

 

利尿作用もあるので、体内の水の巡りを改善する効果が期待できます。

 

6.白朮(ビャクジュツ)

 

キク科オケラもしくはオオバナオケラの根茎の部分です。

 

体を温める作用があり、消化の促進、利尿、そして血糖値をの上昇を穏やかにする作用があります。

 

7.荊芥(ケイガイ)

 

シソ科ケイガイの花穂や茎葉の部分です。

 

解熱作用、鎮痛作用、発汗作用があります。

 

8.連翹(レンギョウ)

 

モクセイ科レンギョウの成熟した果実です。

 

消炎作用、解熱作用などとともに、利尿作用もあります。

 

排膿作用により、蓄膿症やニキビなど皮膚炎にも効果が期待できます。

 

9.桔梗(キキョウ)

 

キキョウ科多年草キキョウの根を乾燥させたものです。

 

鎮静、解熱、鎮咳の作用などに使用されます。

 

血管を拡張する作用があるので、血圧の上昇を和らげる効果もあります。

 

10.山梔子(サンシシ)

 

アカネ科クチナシの果実です。

 

解熱症、消炎作用があり、血圧を下げる作用がるので、高血圧対策になります。

 

11.芍薬(シャクヤク)

 

キンポウゲ科、ボタン科シャクヤクの根の部分です。

 

鎮静や鎮痙作用があり、血管を拡張させることで血圧の上昇を抑えるとともに、血流の改善をするので冷え性対策にも効果があります。

 

12.当帰(トウキ)

 

セリ科カラトウキの根の部分です。

 

鎮静、抗炎症の作用があり、血液の循環を促進してコレステロール値を下げる作用があります。

 

冷え症を改善して、体を温める作用も期待できます。

 

13.川きゅう(センキュウ)

 

セリ科センキュウの根茎の部分です。

 

鎮痛作用があり、風邪薬にも使用されます。

 

体を温めて、肩こりの改善など、幅広い作用があります。

 

14.薄荷(ハッカ)

 

シソ科ハッカの葉です。

 

消化を助けて、腹部の張りを解消する作用、また末梢血管を拡張する作用や発汗作用があります。

 

15.滑石(カッセキ)

 

天然の粘土鉱物です。

 

消炎、利尿の作用がり、膀胱や腸の炎症などによる粘膜を包摂する作用があります。

 

切り傷の薬にも使用されることがあります。

 

16.生姜(ショウキョウ)

 

ショウガ科ショウガの根茎のことです。

 

体を温めて、発汗を促進する作用により、新陳代謝を促進する効果があります。

 

17.甘草(カンゾウ)

 

マメ科カンゾウの根を乾燥させたものです。

 

グリチルリチンとして、化粧品から医薬品に幅広く使用されています。

 

鎮痛、解熱、消炎の作用があります。

 

18.石膏(セッコウ)

 

天然酸含水硫酸カルシウムです。

 

天然鉱物として、様々な分野で使用されます。

 

解熱、消炎作用、渇きを抑えて、水の流れを整えるます。

 

 

この様な成分に力によって、防風通聖散は脂肪の燃焼を促進し、あなたのダイエットを成功させるという訳ですね(^ ^)

 

防風通聖散に配合されている成分(生薬)の効果を解説関連ページ

防風通聖散 ツムラの62番は購入出来ない?入手する方法は?
防風通聖散について調べていると、「ツムラ 62番」という、病院で処方を受ける事でしか入手できない商品をお勧めされている場合がありますが、果たしてそれほど簡単に手に入れられるものなのでしょうか?
防風通聖散のダイエット効果とそれ以外の効果・効能について
防風通聖散がダイエットに効果的なのは知っているけれど、それが何故なのかはよくご存知無い方も多いでしょう。ここでは防風通聖散の効果や効能について解説を行います。
防風通聖散は太るって本当?その効果の真相とは
脂肪の燃焼を助ける効果が認められている防風通聖散なのに、口コミの中には「太る」なんてものを稀に見る事があります。なぜ?と不思議に感じて調べてみると、ある共通の特徴がある事が分かったのです。
防風通聖散で痩せない人もいる?効果なしの口コミの真実とは
防風通聖散といえばダイエットに劇的効果を発揮するイメージですが、中には痩せないという人もいらっしゃいます。この口コミの真相について調べましたので、解説します。
防風通聖散が肝臓に悪いって本当?肝機能への影響や副作用について
防風通聖散は体重を減らす事に貢献する医薬品という事で、肝臓に何らかの影響を与えるのでは?と心配される方は多いです。実際の所はどうなのでしょうか?
防風通聖散の「満量処方」って一体何?満量の意味とは?
防風通聖散の事を調べていると頻繁に「満量処方」だとか「満量」という言葉を目にするかと思います。これって一体何?と気になる方も多いのでは?
防風通聖散 飲み方って決まっているの?効果的な飲み方について
防風通聖散を使用した減量を開始する場合、もし「飲み方」によってその効果が高まったり半減するとしたら、最も効果的な飲み方について知っておきたいですよね?
防風通聖散はどの程度継続する事で効果が期待出来るの?
防風通聖散は皮下脂肪の燃焼に効果が期待出来る医薬品という事は分かったけど、どの位飲めば効果が出るの?そんな疑問は当然ありますよね。
皮下脂肪の原因と症状〜漢方や薬で治せる?防風通聖散
皮下脂肪は見た目の悪さにも大きく影響しますし、深刻なものになれば肥満症の原因となります。皮下脂肪を防風通聖散の様な漢方で改善する事は可能なのでしょうか?
防風通聖散×運動でダイエットを加速!脂肪燃焼を加速させる方法とは
脂肪の燃焼を助ける為に、運動をするのが有効だという事は誰でも知っている事ですが、どの様な運動とかけ合わせる事で、防風通聖散の効果を高める事が出来るのでしょうか。
防風通聖散で下痢になる事がある?服用を中止した方が良いの?
脂肪の燃焼を助ける防風通聖散ですが、お通じが良くなる事があるという事はよく知られています。中には効き過ぎて下痢になる?という口コミも。これは事実なのか、そして事実だとしたらどうすれば良いのでしょうか?
こんなに怖い!内臓脂肪の危険性〜薬や漢方で改善出来るの?
防風通聖散でダイエットを決意された方には、健康診断で肥満症と診断された方も大勢いらっしゃいます。その多くは内臓脂肪という事になりますが、どの様な危険性があり、どういった作用で漢方で改善できるのでしょうか?